レビュー

水を飲むならブリタはコスパが良くて味も良い最高の浄水器ってはなし

こんにちは、田舎なのに水がまずい、悲しい所にお住いのカモシカヲです。

昔は水道水でもすごくおいしい水だったのですが、水源が変わってしまい強消毒された水に変わってしまいました。

まずい水道水って体が受け付けないものですね、初めて硬水を飲んだ時のような違和感というかそんな感じになりました。

 

現在、我家ではBRITA(ブリタ)のポット型浄水器を使用して飲料水を作っています。

以前はペットボトル入り飲料水を購入していましたが、

BRITA(ブリタ)が一番だなって結論になったので、その理由と使ってみた感想をご紹介します。

ペットボトル入り飲料水を買っていたが…

ペットボトル入りの飲料水を買っていましたが以下の点が不満でした。

  • ストックが場所を取る
  • ペットボトルごみの処分が面倒
  • 店舗で直接買うと持ち運びが大変
  • ランニングコストがきになる

我家はパントリーや買い置きをストックする場所に乏しく、買いだめをすると整理するのが大変でした。

また飲み終わった後のペットボトルも1日2本くらいのペースで増えるのでリサイクルや回収ボックスへ持っていくのも一苦労です。

そして2ℓのペットボトルを9本入りで購入していましたが、単純に18kgの荷物が買い物の際に出来てしまうので中々の重労働になります。

購入していた水は『キリン アルカリイオンの水』でしたが、我が家では多い時で1日3ℓ(ペットボトル1.5本)消費するので1日当たりのランニングコストが150~200円程かかっていました。

月に4,500円~6,000円の計算になりますね。

 

この不満を解決しうる代替品は無いかと検討しました。

代わりとなる候補を考えたけど

ウォーターサーバー

不採用になった理由

  • サーバーが邪魔
  • ランニングコストが月3,000円~6,000円で高い

場所を取られるのが一番ダメでした。

水道水でお茶を作る

不採用になった理由

  • 飽きる
  • 飲みたいときにすぐ飲めない
  • 水道水を除害することが出来ない

特に飽きがくること、あとコーヒーや紅茶炭酸水を作るのにどの道水が必要なのでダメ

スーパーでもらえる無料の水(RO水)

不採用になった理由

  • 専用ボトルが必要
  • RO水が腐りやすい
  • ボトルが5ℓくらいで運搬が大変

運搬がめんどくさいのでこれもダメ、しかも日持ちしないので頻繁に水を貰いに行く必要あり。

BRITA(ブリタ)のポット型浄水器に決めたわけ

採用した理由

  • ランニングコストが安い
  • 必要な分を水道水からすぐに作れる
  • 場所を取らない、ストックは小さなカートリッジだけ

ランニングコストは2ヶ月は800円と激安。

ポット型浄水器は東レや三菱ケミカルなどからも発売されていますが、入手のしやすさやシェアの大きさからブリタを選びました。

私が購入したBRITA(ブリタ)は

私は👇を購入して愛用しています

 

一度に2ℓの水が浄水できるタイプです、1ℓタイプと悩んだのですが結果2ℓで正解でした。

我家のように1日3ℓ以上使う場合は1ℓタイプだと3回も補充しなくてはならないので、面倒だったと思います。

使ってみて良かった所

すごく飲みやすい水に変わりました。

雑味が何にもなくて、まさに水、無味!ってかんじ

水のおいしいとは体になじむ味だと思ってるんですが、BRITAで作った水は抵抗無くするっと飲めます。

 

水を作る時間は2ℓで5分程度とあっという間。

水道水を蛇口から直接注ぎ込むだけでめっちゃ簡単に出来ます。

 

カートリッジは小さいのでストックに場所を取らない

すごく小さいカートリッジ、しかも2ヶ月(200ℓ)浄水してくれるのでストック数も少なくて済みます。

カートリッジが最後の1個になったら6個入りの割安交換カートリッジを注文しています。

 

コストが安いので料理にも使える

コストが安いのでカレーやスープで水をドバドバ使っても大丈夫!

さすがにミネラルウォーターで作る気はなれないですよね。

 

2ヶ月タイマーが付いている

タイマーのおかげで交換時期が分かります。

ただ期間だけタイマーで使用量とリンクはしてないですから一日3ℓ以上使った場合は期間内に浄水効果が切れてしまいます。

使ってみて残念な所

日の当たるところで、水を入れたまま保管できないことです。

水が痛むの?とか腐るの?って思うでしょ

なんと…

 

容器の内側にコケが生えるんです笑

初めて見た時はうっすら緑色になっていて容器が変色したかなって思ったんですが

擦ってみるとコケが削げ落ちてきました。

これって残念な所ではあるんですけど塩素がしっかり除去されているって証拠なんですよね。

消毒成分が抜けることでコケが生えるみたいです。

別に毒ではないので洗い流せばいいだけなのですが、ちょっとびっくりしますよね。

ただこれ、ブリタだけの問題では無くてポット型の浄水器すべて共通の問題でしょうけどね。

 

注ぎ口が大きすぎて水が出すぎる

猫の水入れのような浅い器に水を入れると大体こぼしてしまいます。

BRITA(ブリタ)が除去できる有害物質

  • 遊離残留塩素
  • 溶解性鉛
  • 総トリハロメタン
  • 2-MIB(カビ臭)
  • CAT(農薬)
  • テトラクロロエチレン
  • トリクロロエチレン
  • 1.1.1-トリクロロエタン
  • クロロホルム
  • ブロモジクロロメタン
  • プロモホルム
  • ジブロモクロロメタン

JIS規格13項目中、12項目も有害物資を取り除いてくれます。

ちなみに除去できない物質は濁りなのですが、この濁りとは『水中浮遊微粒子等の濁
りを発生させる物質』とのこと。

使い方

購入してからのセットアップ方法はBRITA(ブリタ)公式サイトが見やすくてお勧めです。

 

水の補充の仕方はフタを開けて

水を入れて(普段は蛇口から直接注いでいます)

水が落ちてくるのを待つ

これだけでおいしい水ができあがり!

最後に

我家の必須アイテムの一つになっているBRITA(ブリタ)の浄水器

手軽においしい水が飲めるのに低コストって所が本当にお勧め。

以前紹介した炭酸メーカーとも相性ばっちりなので是非試してください。

【レビュー】コスパが良くて強炭酸!炭酸水メーカーは『ドリンクメイト』がオススメこんにちは 365日炭酸飲料を欠かさない カモシカヲです。 炭酸飲料が好きすぎるので、近年話題になってた炭酸水メーカーを購入しまし...