書評

【書評】子供を犯罪から守る絵本 『とにかくさけんでにげるんだ』 

未就学児2人を子育て中のカモシカヲです。

子供の成長はうれしいものですが、それに伴い心配事も増ています。

今回は子供を犯罪から守る手立てを、子供だけではなく親にも教えてくれる絵本

「とにかくさけんでにげるんだ」 をご紹介します。

私も例に違わず、「へんな人、知らない人について行ったらダメだよ」なんて子供に良く言い聞かせている訳ですが、

へんな人って?知らない人って?…えっ、えーっと

子供が理解できるレベルで、分かりやすく伝えるのはすごくむずかしいんですね。

この絵本は、絵本ならではのやさしさと分かりやすさで子供たちに犯罪への危険を教えてくれます。

こんな人にオススメの本です
  • 子供を犯罪から守りたい人
  • 子供にうまく危険を伝えられない人
  • 犯罪被害に気付くために親が出来る事を知りたい人
  • 子供がどんな犯罪に巻き込まれる可能性が有るのか知りたい人

 

 

 

『とにかくさけんでにげるんだ』概要紹介

発売日:1999年2月

総ページ数:32P

読了まで必要な時間:15分

書籍の概要

子どもが性的被害や誘拐といった犯罪から身を守るための具体例や対処法を教えてくれる絵本。

カナダの小学校で副読本として使われている絵本の日本版。

保護者向けに役立つあとがき付き、子供と一緒に読み自分をまもる力をつける絵本。

著者(イラスト・翻訳者)の他出版物

著者:ベティー ボガホールド

著者の他出版物等情報を見つけることはできませんでした。

 

イラスト:河原まり子

著書として、

  • グルグル ぼくの だいじな おもいで
  • しあわせな離婚
  • はじめてのおわかれ
  • もしも、そばにいぬがいたら
  • ねこさんどうしてないてるの?
  • 天国からやってきたねこ  等々がある。

 

翻訳:安藤 由紀

著書として、

  • 暴力や虐待から身を守る
  • あなたはちっともわるくない
  • いいタッチわるいタッチ
  • わたしがすき
  • Say“No!” “やめて!”といおう -悪い人から自分をまもる本- 等々がある。

 

抜粋

デパートで

迷子になってしまった僕、お母さんの探し方、頼っていい人ダメな人ってどんな人?

カモシカヲ
カモシカヲ
迷子になってしまったら?子供の不安な気持ちが上手く表現されています。

公園で

僕は今、一人で公園に遊びに来ている。

知らないおじさんが声をかけてきた、おじさんは僕についてこいっだって、

僕は大声でお母さんを呼ぶふりをしたんだ。

カモシカヲ
カモシカヲ
お母さんを呼ぶふりをするといった、シンプルで子供に分かりやすい撃退方法が良いですね。

マンションで

私は郵便受けに荷物を取りに行ったんだ、そこでおじさんが変な目つきで私をみてくるの。

『かわいいね』って声をかけてきて、私の体を触ってきた。

すぐに逃げたけど、とてもいやな気もち…どうやってこの気持ちをママにつたえようか、ママはなんといって子供を安心させようか。

カモシカヲ
カモシカヲ
体に触られることは悪いことだ、逃げても大丈夫なんだと伝えています、親も話やすい言葉遣いや態度をを示さなくてはいけないと思いました。

ホテルで

やっとホテルについた、お母さんとお父さんは荷物を忙しそうに運んでる。

僕はゲームコーナーにいこうかな、どこにあるだろう?

知らないおじさんが案内してあげるよっておじさんは僕を抱きかかえて連れて行こうとしたんだ。

テレビのニュースで

テレビで男の子がゆくえふめいになったって、きょうあくな事件かもしれない。

男の子はなんでつかまったの?

悪い人はいっぱいるって、体に触ってきたり、車に乗せようとしたり…

そんなとき私はどうすればいいの?

カモシカヲ
カモシカヲ
子供が被害にあうニュースをみて不安になった時、どんな言葉を子供にかけようか参考になりました。

しんせきのおじさんの家で

友達のゆかちゃんは、おじさんの家にいって嫌なゲームをさせられた。

ゆかちゃんが服をぬいで、おじさんにいやなことをされるんだ。

おじさんはケーキやおもちゃをくれたけどゆかちゃんはそんなゲームしたくなかったって。

ゆかちゃんの辛そうな姿をみて、私はお母さんに相談する事をすすめたんだ。

大丈夫だよ、ゆかちゃんは叱られたりしないから。

 

ゆかちゃんを抱きしめながらお母さんが尋ねました、なにがあったの?

…、おじさんは悪い人ね、ゆかちゃんは何にも悪くないよ、だから何があったか全てお話ししてくれる?

カモシカヲ
カモシカヲ
考えたくない事ですが身内からの被害はとても分かりにくい物だと思います、親戚のおじさんを題材に扱ったのには衝撃でした。

 

最後に

子供が口に出せない疑問や悩みを先回りして教えてくれる絵本。

内容が具体的で現実と結び付けやすいと感じました、特にイラストが秀逸で悪い大人の張り付いたような笑顔がとてもリアルです。

はっとしたのは子供は性被害にあうと自分が悪いことをしたと考えてしまう事、その状態の子供から、情報や心のケアをするには工夫やたくさんの思いやりが必要な事でした。

 

言葉を考えながら子供に性被害や誘拐について教えることは難しいですが

この絵本は絵と具体例、伝わりやすい言葉で教えてくれます。

絵本というキャッチ—な媒体であるからでしょうか、

我が家の子供たちは寝る前にこの絵本を読んでとせがんできます。

 

万が一が無いことを願うばかりではなく、自衛させることも大事ですね。